新卒薬剤師向け 薬剤師として働いていくうえで大切なこと

このブログを見ていただいてありがとうございます。

今回は薬剤師の方々向けに書いていこうと思います。

薬剤師という仕事

皆さんは薬剤師国家試験を無事に受かりこれから薬剤師登録後、薬のプロの薬剤師として社会に出ていくことになります。

現在は6年生になっているため実習である程度働き方などは知っていると思います

しかし、お金を出して教えてもらう立場だった学生時代からお金をもらってプロとして職場で働くことはまったくもって違います。

薬剤師は患者の命がかかっている仕事であり責任が伴うことを忘れないでください。

あなたのミス1つで1人の人間の命を奪ってしまうこともあり得るのです。

薬剤師は国家試験を通ってからが本番

皆さんは一生懸命勉強して難関である国家試験をクリアしました。

しかし、薬剤師は国家試験を取ったら終わりではありません。むしろここからスタートラインに立った状態です。

私は国家試験に受かったあと就職して知識不足を思い知りました。医療現場では国家試験に出てこない専門用語、薬は一般名と商品名が入り混じり処方箋も書き方が医師や病院ごとに違っていたり添付文書とは異なる適応外処方の数々

何か所も病院にかかっていてポリファーマシー状態の患者の併用薬確認

毎日毎日仕事後に疲れて帰った後に何時間も勉強をしました。

薬は日々進化していきます。新薬もどんどん出てきたり財形も新しいものが追加されていくので常に新しい情報にアップデートしていかなければなりません。

情報収集、日々の勉強。。。大変だと思うかもしれませんがこの職業を選んだのはあなた自身です。

白衣を着て現場場に出れば患者からみて先輩も新人もみな等しく薬のプロです。

薬のプロになった自覚と責任をもって日々仕事、勉強を行ってください。

モチベーションは重要 どうやって維持していく?

仕事、勉強を行っていくうえでモチベーションを保つことはとても重要です。

薬学部時代、6年間という長い学校生活でしたが最終的なゴールである薬剤師国家試験に合格するという大きな目標があり、大学や友達など周囲の環境も与えてもらえる、協力し合える立場なので6年間でも楽しく過ごせた方が多いと思います。

大学時代は薬剤師国家試験までの6年間で終わりですが、今度は定年までの30年以上の長い間仕事をすることになります。

人生での長い期間を占める社会人での仕事、常にモチベーションを維持し続けるのはとても大変です。

モチベーションを維持するために大切なこと

  • 理想の薬剤師像を決めておく(薬剤師としての信念)
  • 大きな目標目標設定(専門薬剤師を取る、薬局を運営してみたい、など)
  • 小さな目標設定(取りやすい資格、いろんな科の経験、など)
  • 仲間の存在(大学の友達、SNSで交流)
  • 給料の使い道

理想の薬剤師像

自分が生涯を通して働いていくうえでどんな薬剤師になりたいか、何を成し遂げていきたいかなど薬剤師人生の道しるべ的なものです。

どんな時も初心に帰って思い出せるものがいいですね。

大きな目標

実現するまでに時間や労力がかかるがやってみたいことを考えてみてください。

薬局の経営者でもいいし専門薬剤師を取って医療の最前線で働くことでもいいと思います。

小さな目標

とりやすい資格を取る、本を1冊読むなどクリアしたらまた次の目標を設定してクリアしていけるようなもの。日々の積み重ねでできるものがいいと思います。

私は研修認定薬剤師の資格維持と、毎日1つずつ薬の添付文書を読んでいました。

仲間の存在

これはとても大きいですね。

大学では一生の友達と出会えるとよく言われますが、これは本当だと思います。

私の場合は大学だけでなく、国家試験浪人した際の予備校で出会った友人も一生の友達になっています。

また、TwitterなどSNSを通じて情報交換や他愛もないやり取りなどをしていることも日々の業務での励みになっています。

給料の使い道

だらだらと使っていくのではなくて

何か大きな買い物をするために貯金をする

○○円まで貯金する

資産運用してみる

などお金にも目標を持たせたり自分へのご褒美を考えることも仕事を続けていくうえでモチベーションの一つになると思います。

薬剤師でまず目指す資格

薬剤師として仕事を行ってく上でまずは研修認定薬剤師を目指してみてはいかがでしょうか。

日本薬剤師会により認定される資格でかかりつけ薬剤師を取るために条件の一つにもなっています。

認定の新規申請

 最初の申請は4年以内に40単位以上(各年5単位以上)を取得することにより認定薬剤師の申請ができます。

認定の更新

 認定を取得した後は、3年毎に更新を受ける事になります。この3年間では30単位以上(各年5単位以上)の取得が必要です。

継続して更新するために勉強会などで単位を取得しなければならないため更新するためには継続的な勉強をしていくことになります。

地域の勉強会や、ネットでのMPラーニングで単位を取得することが可能です。

仕事での注意事項

薬剤師国家試験に合格し、薬のプロとなったわけですしかし知らないことはたくさんあります。

職場によっては研修があったり、先輩がつきっきりで指導してくれたりします。

しかし、何でも聞いてばかりではなく自分で解決できることは自分で調べる。

先輩に聞くことは何がわからないのか明確にしてから質問しましょう。

そして一番大切なことが、無理をしないこと。

特に最初は投薬がとても難しく感じると思います。

患者に質問されたらパニックになることもあると思います。

この時にあいまいな答えをしないように注意してください。

あなたの一言で思わぬ健康被害が生じる危険性があります。わからなければわからない旨を伝えしっかり調べてから回答しましょう。

仕事が合わないと感じたら

今や、病院・薬局・ドラッグストアに関しては全国にかなりの数あり

仕事内容もほぼ一緒とはいえ、職場ごとに人は異なるし業務内容も異なります。

特に苦労するのは人間関係。うまくいけばいいですが、合わない人とはとことん合わないものです。

人間関係で悩んで仕事に行くのが辛い、職場環境が合わない、長時間労働

など悩みはいろいろあると出てくるものです。どうしてもつらくなってきたら体を壊したりする前に上司や人事担当の人に相談しましょう。

それでもだめなら転職をお勧めします。私も3回転職し、今の職場で安定しています

無理して頑張って体を壊すよりも別の道を探す方が賢明です。

まとめ

薬剤師はやりがいのある職業ですが、常に人の命がかかっている職業です。

そのため責任も伴ってきます。

国家試験を受かったから勉強をやめてしまうのではなく、ここからが本当のスタートなので日常的に勉強する癖をつけましょう。

勉強は患者のためでもあり、自身の薬剤師免許、生活を守るため意にもなります。

最初は仕事でいっぱいいっぱいになってしまうと思いますが毎日の積み重ねで少しづつ成長していってください。

おすすめの転職サイト

Follow me!

コメント

PAGE TOP
タイトルとURLをコピーしました