調剤薬局の仕事は飽きやすい?? 仕事内容を紹介します 

就職 転職

こんにちは

このブログを見ていただいてありがとうございます。

さて、今回は薬剤師の働き先として一番多いと思われる調剤薬局の事について書いていきたいと思います。

調剤薬局とは

薬剤師の皆さんならすでにご存じかと思いますが、調剤薬局は病院やクリニックなどで医師から発行された処方箋をもとに調剤し、薬を患者さんに渡す場所です。

簡単に言えば文字の書かれた紙きれを現物(薬)に変えて渡す場所の事。

薬局での薬剤師の業務は?

  • 調剤、投薬
  • 発注、在庫管理
  • 保険請求(事務さんが行っている薬局がほとんど)

薬剤師といえばまずは調剤と投薬の業務。調剤薬局だとこの業務ができないと絶望的です。

次に発注や在庫管理の業務。これはある程度経験を積んでる方がやることが多いですね。私もやっていますがかなり大変です。無駄に買いすぎれが使わない薬が廃棄になってしまいます。

しかし買い控えしすぎると患者が来た時に対応できません。普段の処方量や季節的な需要を考えながら行わなければいけないのでなかなか大変な業務です。

保険請求業務に関しては月に1回レセプトと呼ばれる保険の請求内容をまとめたものを保険機関に送り医療保険で負担になっている費用の支払いを求めます。この時に請求内容に不備があると返礼として帰ってきます。しっかり訂正できれば大丈夫ですがいい加減な内容だと保険が通らずに却下されてしまいます。

薬を渡すまでの流れ

患者来局

処方箋を受け取る

処方箋内容を熟読

内容に間違いがなければ調剤

調剤した内容を再度確認(できればダブルチェックがよい)

患者情報をチェックし併用薬の確認、副作用歴やアレルギー歴を確認

問題なければ患者に服薬指導

指導内容に沿った会計

薬歴記載、調剤録の作成

調剤業務で大事なこと

薬剤師が調剤するうえで大事なことは処方箋の薬を間違いなく患者に私使ってもらうこと。

簡単に言えば医師と患者の中継敵や役割です。

しかし、ここでミスが起こったり、ミスに気が付かなかったりすると患者は誤った薬を使用することになるため最後の砦の役割になります。

医師の処方内容やほかの病院の併用薬のチェック、調剤内容の誤りがないかなど監査業務が特に重要になり、新人の頃は個々で見落としが多く発生しやすいので注意が必要です。

ベテランの薬剤師でもミスをすることがあるため、いかにヒューマンエラーを減らせるかがカギになってきます。

なぜ調剤薬局の薬剤師は飽きやすいのか

ここまでは調剤薬局の業務内容を書いてきましたが、初めてこの業務を行おうと思うととても大変です。やることが多く薬の知識もたくさん必要になってきます。

しかし継続勤務で何年か働いていると、業務にも慣れ医師が使う薬もある程度同じようなものなので毎日ほぼ同じことの繰り返しになります。

これはクリニックなど個人開業医の門前薬局などでは顕著で、薬剤師としてのやりがいを失っていく人も少なくありません。

薬局で飽きずに働いていくためには

基本的にどの薬局でも行う業務はほぼ一緒

科が違ったり医師が変われば薬などは変わりますが、すぐになれます。

ではどうすればいいのか。。。。

これは、まず自分のなりたい薬剤師像を明確にすることが第一だと思います。

専門薬剤師を目指す、薬以外にも食の勉強して投薬に生かす、英語を勉強してグローバルな対応ができるようになる

などなど何でもいいとです。まずは自分の理想の薬剤師と実現可能な目標を設定しましょう。

そしてそれを仕事に還元できるような環境になれば薬剤師としてのレベルアップになり自分を高めていくことができます。

最後に

私はいま、在宅業務にも携わっているため職についてや人間の体質について勉強しています。

日々、なんとなく薬局で勤務するか、目標を設定して自分を高める勉強を行うのか

ここで薬剤師として大きく差ができてくると私は思います。

すでに都心部では薬剤師数が過剰気味になってきていて、これからの薬剤師は薬剤師免許プラスαが必要になってくるのではないかと思います。

調剤薬局は確かに単調な業務です。しかしそこで終わるのではなく勉強した内容を患者とのコミュニケーションで生かしたりアドバイスを行っていくことによって患者の方から選ばれるような薬剤師になることがやりがいにつながってくるのではないでしょうか。

これから薬局に勤務する新卒の薬剤師の皆さん。最初は勉強が大変だと思いますが今思い描いている理想の薬剤師像を忘れずに日々の業務を頑張ってください。

Follow me!

コメント

PAGE TOP
タイトルとURLをコピーしました