薬剤師国家試験後にやっておいた方がいいこと

薬剤師国家試験

第106回薬剤師国家試験を終えて、薬学生の皆さんいかがだったでしょうか?

自己採点を終えて合格確実な人、ぎりぎりわからない人、今年はだめだった人

それぞれこれからやることはあります。

まず皆さんに言えることは、期間を決めてリラックスしましょう。

遊びに出かける、友達と遊ぶ、何でもいいです。今しかできないことをしましょう。

国試合格して就職先が決まってる人

転ぶ・走るな危険・無料イラスト/フリー素材2

これから晴れて社会人です。

国試から解放されいよいよ本物の薬剤師となるわけです。

国試後にこんなことを言うのも気が引けますが、これからの方が勉強が大変です。今までは座学で勉強して間違えたら被害を被るのは自分だけでしたが、これからは患者の命もかかわってくる仕事になります。薬の取り違い、薬の相互作用、禁忌など国家試験よりはるかに多い知識が要求されます。

まずは慎重に、できることからじっくりと。職場によると思いますが最初から無茶をさせることはほぼないと思いますので。先輩をうまく頼って成長していきましょう。

そして、職場でのコミュニケーションはとても重要です。

新人は先輩に教えてもらえる立場で、これは新人の特権です。先輩に教えてもらって、万が一知ってるいないようでも「勉強になります!!」とか「教えていただいてありがとうございます」と返事するようにしましょう。

もしあなたが先輩になってせっかく教えてあげたのに「もう知ってます」とか「わかってるので大丈夫です」とか言われると、教えてあげようという気持ちがなくなりませんか?

知識は武器になります。せっかく教えてもらえる立場にいるのにそれを放棄する行為をしないように気を付けてください。(私はもう誰も教えてくれないので)

そして、仕事に余裕が出てきたら自分の薬剤師像を今一度考えてみましょう。

今回の調剤報酬改定でついに専門薬剤師に対する点数が追加されました。今後より細分化されていて薬剤師のなかでも専門資格を持ってると強くなるかもしれません。

病院で働く方は専門資格を目指すもよし、薬局の方は在宅を頑張るでもよし、ドラッグストアの方は販売、営業で上層部まで上り詰めるでもよし。

まずは何か目標を見つけるとマンネリ化しやすい薬剤師の仕事もぶれずに頑張っていけると思います。

国試は大丈夫だが就職先がまだ決まっていない人

焦らなくてもまだ募集を出してるところはたくさんあります。

国家試験までの6年間は長く感じた方もたくさんいると思いますが、これからの社会人人生の方がもっと長いです。とても長い時間を過ごす職場をテキトーに決めると後悔します。(私が後悔しました。)

なのでまずは就職コンサルのサイトに登録して会社の条件や就業状況などを確認してから自分に合った就職先を探してみてください。

1か月あれば大丈夫です。

国試が微妙な人

△イラスト - No: 123470/無料イラストなら「イラストAC」

まだあきらめないでください。

廃問などがあるので、意外と受かってる場合もあります。

ただ、予備校は予約しておきましょう。

すぐに予約でうまってしまうことがあります。自分で勉強して受かる人もいますが、ごく稀です。

なので予約だけでも入れておくといいです。

あとは会社にも報告して対応を仰ぎましょう。

もし落ちてた場合でも、内定を維持してくれたり予備校代を工面してくれるところもあります。

残念ながら国試がダメそうな人

転ぶ・走るな危険・無料イラスト/フリー素材2

ツラいですよね。

私は2回国試落ちていて自己採点後家族や友人にどんな顔して合えばいいかわからなかったです。

でも現実を受け止めなければいけません。薬剤師の道をあきらめようかなって思っている人はできればもう1年全力で頑張ってみてください。薬剤師は取っておいて損はない国家資格です。取ってしまえば半永久的に薬剤師の地位が確約されます。

落ち込んでいても何も解決しないので、早々に予備校に申し込みをしましょう。

人数がいっぱいで入れなかった場合は自分一人で勉強しなければならないのでとてもしんどいです。

そして、就職先が決まっていて半年だけ働いて半年勉強と考えてる人。できれば1年間しっかり予備校に通って勉強をお勧めします。

薬剤師免許のない場合は会社んぽ体毛もあると思うので人事担当の方と相談してみてください。

体験談ですが、私は現役で国試落ちた後半年間ドラッグストアで通常の店員として働きました。

社会人で働くことはとても大変で毎日ボロボロでした。半年間務めあげていざ予備校に行ったんですが、仕事がいったん薬味になったからか気が抜けてしまってうまく勉強に身が入らないまま時間が過ぎていきました。

そしてその年の国試がとても難しくなっていて結果は不合格。翌年は仕事もやめて予備校で1年間勉強に専念することに決断しました。

半年間の勉強代をケチって少しでも稼いでおきたいという考えが甘かったです。

あそこでしっかり勉強に打ち込んでおけば受かったかもしれないという後悔がありました。

予備校代はかなり高額です。しかし国家試験に合格してしまえばこちらのもの。

1年分の予備校代なんてすぐに稼げます。

のちの社会人生活は30年以上もあります。その中のたった1年です。私なんて国家試験2回も落ちましたが、今では立派?かどうかわかりませんが薬剤師として日々頑張っています。

最後に

全員受けて全員が合格するような簡単な試験ではないです。人の命を預かる試験なのでまあ当たり前ですね。

しかし、それだけにやりがいがあり工夫すれば収入もいい職業です。

現場の薬剤師として。

皆さんが薬剤師として現場で活躍してくれる日を心待ちにしています。

PS 地方の薬剤師が不足しています、地方でもいいし収入が多い方がいいという方はIターンもおすすめです。一度検討してみてください。

Follow me!

コメント

PAGE TOP
タイトルとURLをコピーしました