Iターン転職して初めに思ったこと

皆さん、こんにちは

今回は埼玉県から鳥取県へIターン転職した当時の感想を書いていきます。

私は2016年の10月に転職したのですが、引っ越した後すぐに大きめの地震に遭い、その年の冬に大雪で腰の高さ以上の積雪が2回もありました。

これは大変な場所に引っ越してしまった。。。

早まったか^^;と思ったことを今でも覚えています。(自然災害は最初だけで今は落ち着いてます)

仕事に関しては、薬剤師という職業上どこで仕事しても同じようなものなので特に苦戦せずに慣れていきました。ただ家族や友人が近くにいない、人間関係を一から築いていかなくてはいけないのはなかなか大変でした。

仕事自体は大丈夫だったのですが、大変だったのが方言を理解することで、最初はあまり会話が噛み合わないこともしばしば(・・;)

そんな中でも投薬で印象的だったのが

私『今日は薬がだいぶ減ってますね!調子も良くなったのですか?』

患者『まあまあだな、今回から一旦タバコしてみてどうなるか様子見だけぇ』

私『タバコ?!?!。。。』

当時は全く意味が分からず流してましたが、どうやらタバコするというのは休むという意味だったらしいですw

今こそ5年目で大分慣れましたが、当時は大変でした。

埼玉の頃は免許は持ってましたが車は持っていなかったのですが鳥取には電車がなく、汽車で一時間に一本程度しか走っていないため車がないと生活できません。

高齢のドライバー問題で騒がれていますが、田舎で車がないと買い物や病院など日常生活が困難になってしまうと実感しました。通勤時に高齢の方の危ない運転も多数見たことがあるので県や国に高齢の方が車なしでも生活できるように地方でも対応して欲しいですね。

鳥取転職時に大変だったことをまとめると

・地方(鳥取)の気象状況

・方言に慣れる

・人間関係を一から築く

・何をするにも車が必要(今は小型二輪の免許を取り、スーパーカブ110で通勤中)

ざっとこんな感じでした。

これだけは言えること

地方転職するなら必ず車の免許をとりましょう!!

以上です。

では、今日はこの辺で^_^

Follow me!

コメント

PAGE TOP
タイトルとURLをコピーしました